[旅行] グアム旅行記(1)

マイルでグアム

羽田空港第二ターミナル
 4月の初めにグアムに行ってきた。海外旅行なんて20年ぶりなんで、ほぼ初めてな感じ。特段、語るような事は無いんだけど羽田→関空→グアムっていう、ANAハローツアー(パック旅行)利用の珍しい経路で行ったので多少は誰かの役に立つかもしれない。(写真は参考画像)

関空まで

 羽田集合は19時35分。カウンターの近くに係の人が立っていて申込書などを渡すと国内線区間と関空→グアム間の発券手続きをしてくれた。20時20分の出発なので、ちょっと時間に余裕があったので、いろんな書類に記入をしておいた。

 ちなみに以前なら羽田→伊丹…(電車)…関空→グアムって経路だったんだけど、4月から関空→グアムの出発時間が変更になり、関空乗り換えに必要な時間条件50分をギリギリ満たすようになったため関空乗り換えが可能となった。

関空にて

 まぁ、羽田→関空はごく普通の国内線。でも関空は初めて。関空でかいね。ビックリした。国際線の乗り継ぎは……などと、まごついてたり、両替をしていたら、結構ギリギリの時間。予定では晩ご飯でも食べよう!なんて思ってたけど、全然時間なし。

 てっきり羽田で保安検査場を通ったから、関空も保安内で乗り継ぎができるものと思ってたら出来ないらしい(出来たかもしれないけど)。いったんセキュリティの外に出て、また保安検査……面倒だなぁ。さて手荷物検査も特に問題なく、急いで出国審査官の元へ。えらく無愛想なオジサンだった。

 羽田でANAのラウンジClub ANAのご招待券も貰ったけど、すでに搭乗時間。あぁ使う間もなし。やっぱ空港とかではテキパキするべきだね。それとなるべく前の方の席にしてもらうにしとけば良かった。たぶん2度と関空から海外に行く事なんてないだろうから、実にもったいない事をしたもんだ。

小さな喜び

さて国際線。ANAに冷遇されているグアム路線とはいえ、気のせいか国内線よりもベッピンなCAさんが多い気がする。搭乗後、CAさんから
「猫フード様」
とか呼ばれる。
「は、ハイ!」
声が裏返り気味で返事。120%キョドりまくり。
「いつもご搭乗ありがとうございます」
みたいな事を言われる。ああ、無駄にANAの上級会員だったりしたからか……
「いえいえ、ではでは」
みたいな会話のキャッチボールを寸断させて終了。きっと慣れた人なら
「グアムの天候はどんな感じですか?」
とかって歓談もできるんだろうけど、まぁ無理だ。恥ずかしいような、でもちょっと嬉しいような。ニヤニヤしてたら同行者にキモいとドン引きされる。

機内食

さて機内では以下の軽食が

  • おにぎり(コンブ)
  • ツナをはさんだロールパン
  • キットカット
  • ミネラルウォーター
  • フルーツ

 おにぎりはコンビニのおにぎりみたいな感じで、特に良くも悪くも。フルーツも柑橘系とパイナップルが一切れづつ入ってて、こんなもんかなと。ただツナが申し訳程度に入ってるロールパンは酷かった。関空で買った500円ぐらいのカツサンドは予想以上に美味しかったけど。機内食、しかも軽食で、そんなに期待するもんじゃないなと。