「世界遺産」タグアーカイブ

[旅行]マカオ旅行記(11) 聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡

さてマカオの観光名所といえば
前面しかない教会。
横も後もない、あの教会。

聖ポール天主堂跡
こういうアングルからのアプローチ

マカオに行った人の話を聞くと
あの教会だけは凄いって。
テレビとかでも

お、何か見えてきましたよ
 アレは……!

なんて煽りで紹介される
聖ポール天主堂跡。

聖ポール天主堂跡
残念な第一印象

なのに後側から着いちゃって……
なんというか呆気ないというか
あの風景を見ながら近づいていくのを
期待してただけにガッカリ。

聖ポール天主堂跡
奥に見えるアレなビルはグランドリスボア

最終的にはちゃんと正面からも見て
スゲーな!ってのは味わったんだけど
損した気分。


何だか悔しいので後からの写真

さて、そのスゲー!聖ポール天主堂跡なんだけど
すっごい人だった。
欧米から中国本土から日本から
世界中の人が見に来てる!
そんな感じ。

聖ポール天主堂跡
悔しいので斜めからの写真

3分の1でいいから他の教会も回れば良いのに……
とも思ったけど、
やっぱマカオで一カ所だけ見られるとしたら
この聖ポール天主堂跡を選んで当然。

聖ポール天主堂跡
ほぼ壁だけで建ってるだけあって分厚い

でもカジノだとかマカオタワーにはもっといるのだろうか……
僕もカジノ行けば良かったかな……

イエズス会記念広場

[旅行]マカオ旅行記(10) ナーチャ廟・旧城壁

ナーチャ廟

んで、ナーチャ廟に行きたいのに
また迷子(何度目かと……)。
途中でマカオの人に聞いたりするんだけど、
こんなのシラネって答えばっかり。

親切な南方系の人が、いろんな人に聞いてくれて
やっと分かったんだけど、
南方系の人も、説明を聞いて
アレがナーチャ廟か!
みたいなリアクション。

関帝廟もそうだったけど
世界遺産に登録されてるのに
地元民が知らないなんて……

ナーチャ廟
↑世界遺産           ↑世界遺産       

それがコレ。
信じられないかもしれないけど
この小屋みたいなのが世界遺産。
そしてもっと信じられないのが
その隣の古ぼけた壁も世界遺産。
このレベルなら
正直、京都だったら300ぐらいありそう。

ナーチャ廟
世界遺産

平泉の中尊寺金色堂は落ちたそうだけど、
ナーチャ廟はOK。
バラ広場もOKで
プロテスタント墓地もOK。
(マカオ歴史地区全体で指定されてるわけだけど)
でも、平泉はダメ。
何だか納得できないなぁ。

ナーチャ廟
世界遺産の内部

[旅行]マカオ旅行記(9) 聖アントニオ教会・カーザ庭園・プロテスタント墓地

聖アントニオ教会

聖アントニオ教会
重厚な建物

世界遺産巡りも終盤。
いい加減、教会ばっかりで
何が何やら分からなくなってて
アレなんだけど、聖アントニオ教会。

聖アントニオ教会

こちらはセナド広場から少し離れた場所。
本当は聖ポール天主堂跡に行く予定だったんだけど
また迷子になって、こちらに来たのは
内緒の話。

聖アントニオ教会
ドラマチックな祭壇

取り立てて書くべき事はないんだけど
光の使い方が上手くて
神々しさだとか神聖な感じがよく演出されている。

聖アントニオ教会
どことなくコミカルな悪魔

それと、他の教会は外壁に曲線が使われてたり
柔らかな色合いなんだけど
こことカテドラルは建物自体が直線的に感じられ
カラーリングも地味目。
だから建物に重厚というか、硬い印象がした。

カーザ庭園 東方基金會會址

カーザ庭園

次はカーザ庭園。
何て言うか、ショボかった。
きっとシーズンオフかなんかだと思うんだけど
いささか植物がパッとしない。

カーザ庭園
おっおっ

建物自体は南国を感じさせる個性的な様式で
新鮮ではあるけど……世界遺産ねぇ……。

プロテスタント墓地

プロテスタント墓地
珍しい漢字のステンドグラス

ご存じの通りポルトガルはカソリックが主流で
今日回った教会も全てカソリック系。
なので、ここのプロテスタント教会は
随分と異色。

プロテスタント墓地
枯れ木ばかりで夜は怖そう……

プロテスタントだけに
埋葬されてるのも英米系の人が多いんだけど、
特筆すべきはお墓が全体的にデッカイこと。
贅沢にも1つのお墓に3平方メートルぐらい使ってる。
階級的にあんまり偉そうじゃない
と思われる兵隊さんのお墓もデッカイ。
んーーマカオなんて狭い地域で、贅沢だなぁ。