「名所」タグアーカイブ

[旅行]台湾旅行記(10) 台湾総統府と中正紀年堂

台湾総統府(旧総督府)

台湾総統府
案外、大きい
午後は台湾総統府近辺の散策。
タクシーに乗り込み総統府の前まで移動。
生憎のどんよりした空模様で残念ではあるけど、
なかなかに威風堂々とした佇まい。
謎の風車
近くの幼稚園にあった謎の風車(2回目)
総統府は、日本人には東京駅などでお馴染みの
辰野式(っぽい)建築で既視感を覚える。
こちらは午前中だけ内部が見学できるみたいだけど
残念ながら既に午後。
眺めてても仕方ないので、さっさと中正紀念堂へ。

中正紀年堂

中正紀年堂
入り口
到着すると先ほどの故宮博物館の入り口がパワーアップしたような門をくぐると
徒広い広場に、デカいのか普通なのか分からない建物が左右に1つずつと奥に1つ。
ちょい天壇公園を彷彿とさせる有名なのは奥のヤツだね。
中正紀年堂
入り口からの眺め
中正紀年堂
遠い……
きっと天安門広場を意識して作ったであろうこの広場
広すぎてなかなか目的地まで着かない。
結構、歩きづくしで脚が棒になっているところにこの階段。
台湾は侮れない。
中正紀年堂
最後の試練
必死な思いで上まで登ると、デッカイ蒋介石の銅像が。
へー、こりゃ凄いなぁ!なんてマジマジと見ていたら
右手にエレベーターを発見。
なんてこったい……

蒋介石ランド

蒋介石像
あまり大きさの伝わらない蒋介石像の写真
タイミングが合えば衛兵の交代とかが見られるそうだけど
今回はダメだったよう。
まぁやってても、疲れて見てられなかったと思うけど。
誰がカバやねん
武村正義氏にも似てるね
エレベーターで地上に戻るとそこは蒋介石の俺様博物館!
若い頃から、原哲男(吉本新喜劇)似の長男 蒋経国まで
勲章や愛用してた車など、全部「オレ蒋介石!」な展示品をぐるっと見学。
実にお腹いっぱい。
蒋介石
イケメンすぎて嫉妬!
蒋介石
国父感120%の蒋介石

[旅行]シンガポール旅行記(13) セントーサ島とマーライオン

ハーバーフロント駅→セントーサ島

ハーバーフロント駅ハーバーフロント駅

いざ、セントーサ!
セントーサ島へはバスやらモノレールやらタクシーやら
3種類ほど交通手段があるみたいだけど、
今回はモノレールで行った。
ただモノレールのチケットを買うのにすっごい並んだ事は書いておくよ。
券売機が3台ぐらいしかなくて、なおかつ使い方が分かり辛い。
こりゃ行列も出来るわなぁ……

セントーサ島

セントーサの工事至る所が工事中

セントーサ自体が大規模な開発中みたいで、工事車両がすっごい。
それと海上交通路の要衝だけあってタンカーもワンサカ。
シンガポールに勢いのあるのが分かるわ……

セントーサ島のマーライオン

てな事を考えてたら、巨大マーライオンが見えてきた。
何て言うか……何だコレ?
バカバカしいというか、何だコレ?
全長37mとかいう巨大マーライオン。

デカイ海猫下の電車は本物

ガッカリ名所の汚名を晴らすためにデカイのを作ろうぜ!
というコンセプトで作られたとしか考えられない馬鹿っぽさ。
清潔で管理された国家っていう、
とっつきにくイメージだったシンガポールへの
親近感が一気に湧いてくる。

マーメイドマーライオン伝説とはあまり関係のない人魚が飾ってあったり

そして内部にはマーライオンの伝説とかが
チープな人形とか動画とか微妙なギミックで表現されてて、
東京タワーの蝋人形館を彷彿とさせる。

マーライオンからみた風景半端ないタンカーの数

エレベーターと階段を使い、展望台になっているマーライオンの顔へ。
うーん凄いんだけど、なんか微妙。

セントーサからシンガポールシンガポール方向