「寺社」タグアーカイブ

[旅行]2回目の香港旅行記(9) 黄大仙廟

黄大仙廟

黄大仙廟

香港でも人気のあるお寺、黄大仙。
ガイドブックでは
駅から降りれば、黄大仙廟までは迷う事はない
と書いてあったけど、出口を間違えて余裕で迷った。
今まで自覚はなかったけど
僕は本当は凄い方向音痴なのかもしれない。

黄大仙廟
線香店街

さて、ワサワサいる現地の人に道を聞いて
正しい出口から黄大仙廟に向かったんだけど、
確かにまとまな出口からでれば、
沿道は線香売りのお店がズラッと並んで迷わない。

黄大仙廟

しかし、人が多い。
旧正月で初詣(ってあるのかな?)のせいもあるのか
入場制限をするほど人が多い。
そして、それ以上に線香が凄い事に。

嗇色園

黄大仙廟

グルッと境内を回ると大きな建物が見えてきた。
参拝者はみんなそこに入っていくんだけど嗇色園って書いてある。
日本語的には嗇→ケチ 色→エロみたいな意味じゃない。
どんなエログロ的ワールドが広がっているのか!

黄大仙廟

ま、当たり前だけど、普通の中国系のお寺の風景で、
エロくもグロくもない。(建物内は撮影禁止)
少し残念。

黄大仙廟
それっぽい建物
黄大仙廟
奥には高層マンション

[旅行] 京の冬の旅(6) 石清水八幡宮・飛行神社

石清水八幡宮

石清水八幡宮 日本三大八幡宮 石清水八幡宮

さて昼ぐらいになり、 冬の旅の特別公開を見るにはスケジュール的に ちょっと厳しくなってきたので まだ行った事のない寺社を回ろうと 言う事で石清水八幡宮へ南下。

石清水八幡宮と言えば、徒然草『仁和寺の法師』 石清水八幡宮のある男山の麓の 末寺やら付属施設みたいなのだけ見て 帰ってきた。 ガイド付けろよ!みたいな話。

男山麓 仁和寺の人が勘違いしたあたり

実際に見てみたけど どんだけ間抜けなのかと、参集殿とか頓宮殿とか高良社とか 見て回ったけど、ないわ。 当時とは趣もスケールも違っただろうから、 一概には言えないけど、気付くだろ常識的に考えて。 って感じ。

今でこそ仁和寺から石清水八幡宮は 電車や車で1時間前後の距離。 当時は20km強の道のりなんで、きっと丸一日かけた参拝。 うーん、さぞかし無念な事だったんだろうな。

ケーブルカー

ところで その先達が欲しい石清水八幡宮も 先達どころか駅前からケーブルカーが出てるんで どんなに間抜けな仁和寺の法師でも これなら間違いはない。

ただ昨日、大変な思いをして 醍醐山(笠取山)に登った身としては こんだけ楽に行けちゃうと ちょっとインチキっていうか 霊験ないんじゃね?と思わざるを得ない。

混雑する石清水八幡宮 混雑する石清水八幡宮

そんな思いなんてお構いなしに 石清水八幡宮は大混雑。 やっぱ全国区の寺社は違うねぇ。

飛行神社

飛行神社 モダンな飛行神社

帰りには飛行神社っていう 航空関係の神社を参拝。 空自だとかJAL、ANA関係の絵馬が奉納されてたけど 人っ子一人おらず。 まぁ、参拝客が多ければ偉いってもんでもないけど。

にしんそば 鰊そば 立ち食い蕎麦屋にて

[旅行] 京の冬の旅(5) 安楽寿院・城南宮

安楽寿院

さて2日目。
2日目っていうか1泊2日なんで最終日でもあるんだけど
安楽寿院。
鳥羽離宮が側にあったらしく、
鳥羽離宮を縮小復元した庭とかあるんだけど
こんなん見せられてもなあ……って感じ。
宝物殿の床はしもやけになるんじゃないか
って思うぐらい冷たかった。

安楽寿院
安楽寿院の庭 実物はもっと綺麗

仏像が美しかったのと、
権力者との距離によってお寺が栄えたり、
貧窮したりがハッキリ出てるあたりは
ちょっと面白かった。

城南宮

城南宮

初詣の時期でもあったせいか、
それなりに地元の方がいらっしゃってたんで、
あとで調べてみたら
方除け、厄除けで有名らしい。
うーん全然知らなかった。

垂れ幕

いわゆる社格の高い神社ではないみたいだけど、
親しまれてる、特定の分野で信仰を集めている感じかね。

狛犬
良い天気やなぁ

なんでもゴールデンウィークには
貴族のコスプレをして短歌を詠む曲水の宴とかをやるらしく、
そういえばニュースとかで見る
物好きなイベント会場はここだったのかと感慨もひとしお(嘘)。

回遊式庭園

神苑 源氏物語 花の庭ってのがあって、
500円ぐらい払って入る庭園があるんだけど、
冬の間はかなり寂しい……
たぶん、春だとか夏だったらさぞかし綺麗なんだろうけど
枯れ木ばっかりで、正直お金がもったいなかったと思った。

鯉
また鯉よって、やかましいわ!