[旅行]台湾旅行記(7) 萬年百貨と阿宗麺線

萬年百貨

萬年商業大耬萬年商業大楼

そして『地球の歩き方』曰わくオタクビルこと萬年百貨へ。
中野ブロードウェイみたいな小さな個人商店がイッパイ入ってるビルなんだけど、
結構、アジア各地にあるのね。
香港の信和中心とか、タイのMBKとか。
特に香港の信和中心とかはヲタの喜びそうな品揃えの店がひしめき合ってる。
僕の全然知らない日本のアニメ作品とかゲームのオモチャがワンサカ。

んでココはっていうと、マイルドだった。
エロとか少ないし
他のヲタビルの男女比が9:1ぐらいなのに対し、
男7:女3ぐらい。
アイドル写真とかイケメンアニメ?みたいなのの店がそれなりにあって
そっち系の女の子が多かった。

阿宗麺線

阿宗麺線阿宗麺線

西門の目的は阿宗麺線!
醤油ベースの鰹だし汁に冷や麦ぐらいの細麺。
想像しただけでヨダレがでてしまう。
しかも1杯150円ぐらいの超ロープライス。

さすがに店の周りは立ち食い客でワンサカ。
店員のお兄さんから
大キイノ?小サイノ?
と聞かれて、大きいのを注文。
すぐに出てきたのを食べると確かにガッツリ鰹だし。
でも、ちょっと薄味だな……と思っていたら
すぐそばに調味料スタンドがあって、
自由に辛いのやら酸っぱい調味料を入れて食べたら
これが旨い!

麺線大サイズ

僕が入れたのはピリ辛なヤツを少々。
やや薄めの醤油味に強めの鰹風味。
コシのある麺。
そしてピリ辛のスパイス。
うーん、旨い!

[旅行]台湾旅行記(6) 中山から西門

台北ふれあわない街歩き

邸永漢ビル一世を風靡した金儲けの神様 邸永漢さんのビル

そして台湾の表参道っぽい中山北路方面にテクテク街歩き。
もちろん脳内で再生されるのはふれあい街歩きのテーマ。
♪テテーテ テテーテ テテテテテテテー

いつの間にか、ふれあい街歩きの音楽が鳴り止むような怪しげな通りに。
原付に腰掛けた初老の男性から
オニサン、何探してる。(小指を立てながら)コレ?コレカ?
というのを立て続けに5人ぐらいから言われる。
ああ、ポン引きか……

出発前に台湾では日本人男性がモテるって聞いて、
期待度フルフルで出かけたのに、ちっともそんな事ない。
滞在中に声を掛けられたのは、
ポン引き(と思わしき人)とタクシーの運転手ぐらいのもんだ。

西門

人気のないバンド粘着性のあるハードロックバンド

その後は台湾の新宿こと西門へ。
交差点脇の広場的なところで、いろんなバンドが演奏してたんだけど、
まぁアレだな、人気ってのは残酷だな。

正直、不人気なバンドの方が実力がある(ように聞こえた)んだけど、
いかんせん音が古いのと、見た目がイケてない。
お客さんは酔っ払ったような兄ちゃん1人。
バンドメンバー4人もいるのに……

かたや大人気の方は、1人で演奏、お客さん多数。
今風のポップな音楽で見た目も今風。
時代があと一回りしたらアリかもしれないけど……
不人気のバンドはしばらく不遇の時代が続きそう。

人気のある人小洒落た音楽をやってた

[旅行]台湾旅行記(5) モスバーガー

台北街歩き

原付原付天国

いざ外出。
到着して、まだ昼過ぎなんて、今までの旅行であったかしら?
と思うぐらい時間タップリ。早朝に家を出た甲斐があったというもの!
まずは地図の距離を体感してみるために近隣を歩いてみる。
ほうほう……そんなに広くないね。
これなら歩いて行くのは無理かもしんないけど、どこでもすぐ行けそう。

モスよくみると平仮名が……

歩いてて感じたのが原付、多すぎ。
ここはどこの途上国だ?と思うぐらいに、原付が多い。
原付かタクシーか。通常の自家用車は2割ぐらい。
公害や渋滞の関係で政府が規制してるのか知らないけど、
そんなに原付乗らなくたって……

モスバーガーモスの黒胡椒チキンバーガー

で、モスバーガー。シンガポールの鰻バーガーが殊の外、美味しかったんで、
現地のオリジナルバーガーってイケるんじゃないかと、チャレンジ。
黒胡椒を使った鶏の唐揚げバーガー。
これは……胡椒の味が前面に出つつ、ほんのり醤がきいてて
チャイニーズテイストだねぇ……。
何というか、本格中華よりも丸美屋中華が好きな僕的には失敗かも。

モスバーガーモスのチキンバーガー実物